KURAGE online | 物質 の情報

KURAGE online | 物質 の情報

「 国 」 の情報 

北欧で大気中の放射線量が急上昇。発生源はロシアの原子力発電所か?

RIVMの主張は、放射性物質ロシア西部の方角からスカンディナビアへと移動しているが、現時点で発生源のある特定の国を指摘することはできないというものだ。

福島第一原発 放射性物質含む水処理で各団体に意見聞き取り 「国民の理解進んでいない」

トリチウムなど放射性物質を含む水の処分に関しては、今年2月、国の小委員会が基準以下に薄めて海か大気中に放出する方法が現実的だとする報告書を

指定廃棄物、暫定保管へ前進 6市町、国の選定指針を了承 栃木

東京電力福島第1原発事故に伴う放射性物質を含んだ指定廃棄物をめぐり、保管を続ける農家の負担軽減策を話し合う国と県、6市町の会議が26日、開かれた。

「指定廃棄物」解除、協議へ 矢板市と環境省 一部が基準下回る

東京電力福島第1原発事故で発生した放射性物質を含む農業系指定廃棄物の一部が国の基準(1キログラム当たり8千ベクレル)を下回ったとして矢板市は、

福島・相馬市議会「処理水」海洋放出に反対

福島第一原発では、放射性物質のトリチウムを含んだいわゆる「処理水」が、タンク1000基以上に溜まり続けている。 この処分について国の小委員会は、「水で

明石川取水口で有害物質 明石市「健康に影響なし」

兵庫県明石市は22日、明石川の上水源取水口(神戸市西区持子1)の水から、有害性が指摘されている有機フッ素化合物の一種「PFOS」「PFOA」が、国の

産廃処分場問題 懸念の声相次ぐ 日立で住民説明会

東京電力福島第一原発事故により、放射性物質に汚染された廃棄物の搬入の可能性についても質問があり、県はエコフロンティアで国の基準を大幅に下回った

福島第1原発事故 汚染処理水「海洋放出は影響大」 国と44首長ら意見交換 水戸 /茨城

汚染処理水は、処理後もトリチウムなどの放射性物質が残るため、漁業者などの懸念が続いてきたが、国の有識者小委員会が今年2月、現実的対応策として、

Copyright© KURAGE online | 物質 の情報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.