【速報】物質 情報局 | 最新情報 口コミ情報

物質 情報局では、「物質」のキーワードに関する情報をキャッチし、キーワードをタグ付け整理し、アーカイブします。

*

「 大気中 」 一覧

no image

NEDO ムーンショット型研究開発事業の公募を開始

具体的には、大気中のCO2や海洋プラスチックごみなど、環境に広く拡散された物質や低濃度な状態で環境に排出される物質について、それらを回収し有益な …

no image

「黒い雨」が埼玉県蓮田市に降り注ぐ

放射能や汚染物質ではないとのことですが… … がなく、常時行われている大気状況の監視でも測定結果から大気中の汚染物質の以上は認められないとのこと。

no image

泊原発が出す放射性物質の量を誤公表 北電が改善策 北海道

泊原発が出す放射性物質の量を誤公表 北電が改善策 北海道 … から去年9月まで31年間、大気中に放出される放射性物質の量を少なく公表していました。

no image

空は灰色

大気中の微小粒子状物質(PM2.5)の濃度が上昇し、ぼんやりかすむソウル市内の様子=11日、ソウル(聯合ニュース). 2020.02.11 15:52. Save Share.

no image

紅海、大気汚染と温室効果ガスの大規模発生源に 研究

世界の石油と天然ガスの埋蔵量の半数以上が存在する中東地域では、化石燃料の開発が活発で、膨大な量のガス状汚染物質が大気中に放出されている。

no image

【環境】紅海深部から大気汚染ガスが大量に排出されている

  2020/01/29    未分類 , , , , , ,

今回の研究では、こうした自然に貯蔵された汚染物質が大気中に排出される量は、一部の中東産油国からの人為的排出量を上回っていることが示唆されている。

no image

独、過激な年越し花火に逆風

環境保護団体は大気汚染の原因物質の放出量は膨大だと指摘している。 … の一晩で最大5千トンの粒子状物質が大気中に放出されるとの試算を公表した。

no image

放出放射性物質量過少報告問題

北海道泊村の泊原発再稼働に執念を燃やす北海道電力が、大気中に放出した放射性物質量を試運転の1988年10月から31年間も過少報告していた―。

no image

泊原発、放射性物質放出量を31年間過小報告 北海道電

北海道電力は24日、泊原子力発電所(泊村)で、ヨウ素やトリチウムなどの放射性物質の大気中への放出量を31年間にわたり間違って算定していたと発表した。

no image

トリチウムなど含む水処分 基準以下に薄め 海か大気中に放出案

  2019/12/23    未分類 , , , , , ,

そもそも「トリチウム」とはどんな物質なのか。そして「海に放出する」「大気中に放出する」とはどういうことなのか。文末のリンクから次の原稿をご覧下さい。

no image

大気汚染の悪化は暴力犯罪の増加と相関しているとの研究結果

大気汚染と犯罪との関連性について分析した結果、大気中の微小粒子状物質(PM2.5)をはじめとする汚染物質の増加に伴い、FBIの分類で「暴力的犯罪」とみなさ …

no image

タバコ葉の不法処理で集団がん、「死の町」に

高温乾燥の過程で出た発がん性物質が大気中に広がり、住民が無防備に露出されたのだ。チャンジョム村の住民のがんの発生率は、全国標準人口集団に比べ …

no image

インド・デリー大気汚染、「耐えられないレベル」 外出自粛求める

デリー首都圏のアルヴィンド・ケジリワル首相は、「大気汚染が耐えられない水準まで達した」と警告した。 各地で大気中の微小粒子状物質PM2.5の濃度が急上昇 …

no image

インド首都大気汚染「緊急事態」

大気中の微小粒子状物質「PM2・5」など複数の物質の観測値から、当局は6段階の指標を示している。1日未明の指標は、PTI通信によると、最悪の「深刻」と …

no image

インド首都の大気質が緊急事態レベルに

大気中の有害物質の量を測定するPM(粒子状物質)2.5の割合がガージヤーバード地域では480以上に上昇したと伝えられた。 大気汚染の次元を示す大気質 …

no image

インド首都大気汚染”最悪”に 野焼き、花火で「深刻」

PTI通信によると、大気中の微小粒子状物質「PM2・5」は27日、一部で1立方メートル当たり400マイクログラムを超えた。日本の環境基準は1日の平均値を …

no image

花火、爆竹で大気「有害」に=ヒンズー教祝祭で汚染悪化-インド首都

当局は規制を試みたが、在インド米大使館が公表する大気中の微小粒子状物質PM2.5のレベルは、昨年に続き今年も、6段階で最悪の「有害」を記録した。

no image

大気汚染が原因で年間4000人が死亡?スイス

欧州で大気中の微小粒子物質の濃度が最も高いのは、イタリア北部、ポーランド、バルカン半島だという。それにもかかわらず、同粒子が原因で早死にした人の数 …

no image

日本抗菌総合研究所、古河産業、林テレンプ:「高性能VOC低減剤 Vocmetz」の開発に成功

VOCとは、揮発性を有し、大気中で気体状となる有機化合物の総称であり、アセトアルデヒド、ホルムアルデヒド、トルエン、キシレンなど多種多様な物質が含ま …

no image

古河電工グループの商社である古河産業株式会社と株式会社日本抗菌総合研究所と自動車内装部品の …

VOCは揮発性を有し、大気中で気体状となる有機化合物の総称であり、アセトアルデヒド、ホルムアルデヒド、トルエン、キシレンなど多種多様な物質が含まれます …