物質 | KURAGE online

物質 | KURAGE online

「 放射性物質トリチウム 」 の情報 

風評対策基金を年度内に整備 福島第1原発処理水、政府が行動計画 - 河北新報

政府は処理水に含まれる放射性物質トリチウムを基準値以下に薄め、23年春ごろの放出開始を目指す。8月には当面の風評被害対策を取りまとめていた。

海洋放出は「自分ごと」 Jヴィレッジで高校生が研修報告 - 47NEWS

東京電力福島第1原発で発生する放射性物質トリチウムを含む処理水について研修を重ねてきた県内の高校生が26日、Jヴィレッジで報告会を開いた。

海洋放出「徹底した理解醸成に努める」復興大臣 - エキサイト

西銘恒三郎復興担当大臣は24日の記者会見で、東京電力福島第一原発で増え続けている放射能汚染水のALPS処理水(放射性物質トリチウムを含む処理水)

東電が処理水放出計画を審査申請 原子力規制委に - 中日新聞

東京電力は二十一日、福島第一原発の処理水海洋放出計画の審査を原子力規制委員会に申請した。処理水に含まれる放射性物質トリチウムを海水で薄...

規制委員長、福島第1原発を視察 - 西多摩経済新聞

原子力規制委員会の更田豊志委員長(手前)は2日、東京電力福島第1原発を訪れ、放射性物質トリチウムを含む処理水の海洋放出に向けて準備が進む港湾部など

海や人体にどう影響? 福島第一原発の「処理水」放出で東電が影響予測 - 東京新聞

処理水を海水で薄めるのは、ALPSで除去できない放射性物質トリチウムの濃度を国の排出基準の40分の1「1リットル当たり1500ベクレル」未満にするためだ。

処理水放出の影響「極めて軽微」 東電がシミュレーション - au Webポータル

東京電力は17日、福島第1原発の放射性物質トリチウムを含む処理水を海洋放出した場合の沖合への広がり方...

なぜ、決定までに10年を要したのか? : 福島第1原発の処理水の海洋放出 | nippon.com

東日本大震災から10年超が過ぎた2021年4月、政府は東京電力福島第1原発から出る放射性物質トリチウムを含む処理水を海洋放出する方針を正式決定した。

処理水放出「安全に進める」 萩生田経産相、福島第1原発を視察 - 時事通信

視察後、記者団に対し、放射性物質トリチウムを含んだ処理水の海洋放出に関して「私自身も説明できるよう、安全性を確認しながら進めていきたい」と述べ、地元への直接

【9月15日付社説】処理水の風評被害/放出始める前こそが重要だ - 福島民友

東京電力福島第1原発で発生する、放射性物質トリチウムを含む処理水の海洋放出が再来年の春にも始まる。風評被害の発生を抑えるのは政府の責務だ。

Copyright© 物質 | KURAGE online , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.