物質 | KURAGE online

物質 | KURAGE online

「 政府 」 の情報 

処理水処分方法に海底パイプライン案

福島第一原発にはトリチウム以外の放射性物質を取り除いた処理水が溜まり続けていて、政府は2年後をめどに海へ薄めて放出する方針を決めている

原発処理水、沖合1キロ放出案 海底にパイプライン設置―東電・政府

東京電力福島第1原発から出る放射性物質トリチウムを含んだ処理水をめぐり、東京電力ホールディングス(HD)と政府が、海底にパイプラインを

処理水の海洋放出 “濃度監視のモニタリング計画作るべき”

政府が、福島第一原発で増え続けるトリチウムなどの放射性物質を含む処理水を国の基準を下回る濃度に薄めて海に放出する方針を決めたこと

福島原発処理水の海洋放出を考える〈前編〉安全性やサーフィンへの影響は?

既に報道されている通り、政府は東京電力・福島第一原子力発電所で増え続ける放射性物質を含む処理水について、海洋放出による処分を行うとする

福島第一原発 処理水で適切な賠償実現へ特別チーム設置 経産相

政府が東京電力福島第一原子力発電所で増え続ける、トリチウムなど放射性物質を含む処理水を、国の基準を下回る濃度に薄めて海に放出する方針を

韓国の原子力学会 処理水の海洋放出「韓国への影響はわずか」

政府が東京電力福島第一原発のトリチウムなどの放射性物質を含む処理水を国の基準を下回る濃度に薄めて海に放出する方針を決めたことをめぐり、

地元の信用取り戻して=元経済団体職員・柴田明弘・80

神戸市垂水区). 東京電力福島第1原発の処理水について、政府はこのほど、放射性物質の濃度を下げた後、海洋放出することを決めた。本紙による

「政府の基本方針」賠償基準が不明確 東電の一方的判断に懸念

東京電力福島第一原発の放射性物質トリチウムを含んだ処理水の海洋放出を巡り、政府は基本方針で「方針決定に伴って生じ得る風評被害」は東電に

処理水による風評対策「必要に応じ東電をサポート」野上農相

東京電力福島第一原子力発電所で増え続けるトリチウムなど放射性物質を含む処理水を、政府が基準を下回る濃度に薄めて海へ放出する方針を決めた

車の放射性物質検査機、内閣府が共用検討 道路寸断時は運搬困難

原発事故が起きた際、避難する車が放射性物質で汚染されていないかを調べる検査に関して、政府が検査会場の設営に必要な資機材を、関係道府県で

Copyright© 物質 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.