物質 | KURAGE online

物質 | KURAGE online

「 東京電力 」 の情報 

福島原発処理水の海洋放出を考える〈前編〉安全性やサーフィンへの影響は?

既に報道されている通り、政府は東京電力・福島第一原子力発電所で増え続ける放射性物質を含む処理水について、海洋放出による処分を行うとする

原発処理水海洋放出 東京電力が宮城県知事に説明

東京電力の小早川社長は20日午後に宮城県庁を訪れ、村井知事と面会しました。小早川社長は処理水に含まれるトリチウムなどの放射性物質が基準値を

再浄化後、第三者が測定 処理水の放出計画―東電

東京電力福島第1原発から出る放射性物質トリチウムを含んだ処理水の海洋放出で、東京電力は16日、処分計画の概要を公表した。基準値を上回る

風評対策、閣僚会議が初会合

政府は16日、東京電力福島第1原発から出る放射性物質トリチウムを含む処理水の海洋放出について風評被害対策や東京電力による賠償方針などを

県央基幹病院 いよいよ着工へ 2023年度の開院目指す【新潟・三条市】

東京電力を巡っては、柏崎刈羽原発でテロなどを防ぐ核物質防護体制の不備や、社員が他人のIDを不正使用し中央制御室に入室した問題など、

処理水 濃度薄める設備などの審査は公開で 原子力規制委

東京電力 福島第一原子力発電所でたまり続けるトリチウムなどの放射性物質を含む処理水の処分方法について、政府が海へ放出する方針を決めたこと

東電処理水 異常検知なら緊急停止

福島第1原発の処理水の海洋放出で東京電力が公表している方法案は、放射性物質濃度を複数回チェックした上で、最終的には海水で大幅に希釈して

福島第一原発の処理水、「海洋放出」へ 政府、処分方法の方針を固める

東京電力・福島第一原発で貯まり続ける放射性物質のトリチウムを含む処理水について、政府は海に放出して処分する方針を固めた。 福島第一原発の

物質防護の不備問題で東京電力は弁明せず 是正措置命令が正式に決定へ

新潟県にある柏崎刈羽原発で核物質防護の不備が明らかになった問題で、東京電力は4月7日、原子力規制委員会に対して核燃料の移動を禁止する

東電社長ら幹部4人が報酬30%自主返納

東京電力の小早川智明社長は7日、新潟県の柏崎刈羽原発の核物質防護不備などの責任を取り、小早川氏を含む幹部4人が報酬の30%を半年間、

Copyright© 物質 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.