物質 | KURAGE online

物質 | KURAGE online

「 東電 」 の情報 

柏崎刈羽原発で新たにIDカード誤使用 防護の危うさ以前から

東電によると、ID誤使用は、核物質を貯蔵する6、7号機原子炉建屋がある「防護区域」のゲートで、作業員が本人確認を受けた際に異常を知らせる

当選8回の自民党議員も原発汚染水の海洋放出に反対「タンクに保管すべき」

山本議員は、汚染水の放射性物質を基準値以下に下げてから海洋放出するという東電の発表につて、安心できないとし、総量について考えるべきだと

東電、核防護不備を青森県に陳謝 柏崎刈羽原発巡り幹部

東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)の核物質防護不備について、東電の宗一誠常務執行役は26日、東通原発の建設地を抱える青森県に説明した。県庁で

「政府の基本方針」賠償基準が不明確 東電の一方的判断に懸念

東京電力福島第一原発の放射性物質トリチウムを含んだ処理水の海洋放出を巡り、政府は基本方針で「方針決定に伴って生じ得る風評被害」は東電に

トリチウム 東電 東芝=山田孝男

放射性物質トリチウムを<ゆるキャラ>ふうに描き、批判された。 次に東電。14日、柏崎刈羽原発に事実上の運転禁止命令発令。そして東芝。同日、

柏崎刈羽原発 「再稼働ありき」見直しを

東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)の核物質防護不備問題を巡り、原子力規制委員会は東電に対し、同原発のプールに保管されている核燃料の移動を

風評賠償、限定せず 内堀知事に東京電力、処理水放出前も対応

東電は柏崎刈羽原発(新潟県)の核物質防護不備で、原子力規制委員会から事実上の運転禁止命令である是正措置命令を14日に受けている。会談後、

東電、海水調査を強化 海洋放出1年前から

東電は政府の決定方針に従い、敷地内のタンクにたまり続けている汚染処理水に含まれるトリチウム以外の放射性物質を、国の放出基準未満に下げる

再浄化後、第三者が測定=原発処理水放出の計画公表―東電

トリチウム以外の放射性物質を除去し、第三者による測定で安全性を担保するという。 東電が海洋放出に向けて敷地内のタンクで保管している水には、

海水の放射性物質、放出1年前から調査強化 東電、地点や頻度増

東京電力福島第1原発の処理水について、政府が約2年後の海洋放出の方針を決めたことを受け、東電は16日、2022年から海水に含まれる放射性物質

Copyright© 物質 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.