物質 | KURAGE online

物質 | KURAGE online

「 汚染水 」 の情報 

当選8回の自民党議員も原発汚染水の海洋放出に反対「タンクに保管すべき」

山本議員は、汚染水の放射性物質を基準値以下に下げてから海洋放出するという東電の発表につて、安心できないとし、総量について考えるべきだと

なぜ今なのか-処理水放出と少年法改正

13日、菅政権は、福島第一原発事故によって発生し、今も増え続ける汚染水について、放射性物質を取り除いた上で、近くの海に放出する方針を

海洋放出の決まった「トリチウム」って、どれくらい危険な物質なの?

日本政府は2021年4月13日に、東京電力福島第一原子力発電所で増え続けている放射性物質のトリチウムを含む汚染水を海洋に放出する方針を決めた

汚染水を浄化しても残るトリチウムとは? 世界中の原子力施設で海洋放出、環境への蓄積で内部 ...

汚染水を浄化処理する多核種除去設備(ALPS=アルプス)ではセシウムなど62種類の放射性物質を除去できるが、トリチウムは取り除けない。

政府、福島原発処理水の海洋放出を決定 2年後めどに開始

東電は、ALPSを使って「汚染水」から大部分の放射性物質を取り除いているが、除去できないトリチウムは残っている。現在、処理水は約125万

「日本、福島の汚染水を海洋放流へ」

日本政府は、汚染水を人体に無害なレベルまで希釈した上で順次放流する方針だが、多核種除去設備(ALPS)」と呼ばれる核物質浄化装置で処理して

福島第一原発 汚染水の処分方法は慎重に決定を=外交部

日本政府は、東京電力福島第一原子力発電所の放射性物質を含む汚染水の処分方法をめぐって13日に閣僚会議を開催する方向で調整に入りました。

1週間でタンク1基が満杯に…福島第一原発で増え続ける「汚染水」迫られる処分方法の早期決定 ...

2011年3月11日、津波に襲われ電源を失い、メルトダウンが発生した東京電力福島第一原発。大量の放射性物質が放出される大惨事となり、汚染水は

先送りが続く「汚染水」の行方

放射性物質を吸着する装置によって大部分が取り除けるとされていますが、それでも「トリチウム」は残ります。この「処理済みの汚染水」、いわゆる

地震で放射性物質含む水を保管のタンクにずれ 漏えいはなし

東京電力は、2月13日の地震によって福島第一原子力発電所の構内にある汚染水を処理したあとの放射性物質を含む水を保管するタンク、53基にずれ

Copyright© 物質 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.