物質 | KURAGE online

物質 | KURAGE online

「 福島第一原発 」 の情報 

処理水処分方法に海底パイプライン案

福島第一原発にはトリチウム以外の放射性物質を取り除いた処理水が溜まり続けていて、政府は2年後をめどに海へ薄めて放出する方針を決めている

処理水の海洋放出 “濃度監視のモニタリング計画作るべき”

政府が、福島第一原発で増え続けるトリチウムなどの放射性物質を含む処理水を国の基準を下回る濃度に薄めて海に放出する方針を決めたこと

東電から「処理水」海洋放出の手順聴取 原子力規制委

福島第一原発で増え続ける放射性物質の「トリチウム」を含んだ「処理水」について、政府は濃度を薄めたうえで2年後をめどに海洋放出することを

福島 大熊町長 処理水の海洋放出「国が責任持って対応を」

トリチウムなど放射性物質を含む処理水の海への放出を政府が決定したことについて、福島第一原発が立地する大熊町の吉田淳町長は、町の復興に

福島第一原発の処理水、「海洋放出」へ 政府、処分方法の方針を固める

東京電力・福島第一原発で貯まり続ける放射性物質のトリチウムを含む処理水について、政府は海に放出して処分する方針を固めた。 福島第一原発の

福島県民の不安、世論調査でわかったリアルな数字 放射性物質への懸念6割が「感じる」地元が ...

◇ Q:あなたは、福島第一原発の事故による放射性物質があなたやご家族に与える影響について、どの程度、不安を感じていますか。 11年 大いに感じて

放射性廃棄物という難題

福島第一原発はそのほかの原発と異なり事故を起こしたことから大量の放射性物質が拡散しました。原子炉がある原子炉建屋の中だけでなく、敷地の

「敷地内処分」姿勢変えず 第一原発処理水

... 弘志経済産業相は福島民報社のインタビューに応じた。福島第一原発で増え続ける放射性物質トリチウムを含んだ処理水を巡り、処分方針の決定時 .

第一原発排水路で警報 東電発表 雨水の放射性物質上昇

東京電力は三日、福島第一原発の1~4号機西側に通る「物揚場排水路」で、雨水の放射性物質濃度が一リットル当たり一五〇〇ベクレルを超えた

オフサイトセンター移転訓練延期

... 緊急対応にあたる拠点で、道内では共和町に設けられていますが、福島第一原発の事故では放射性物質などの影響でほとんど機能しませんでした。

Copyright© 物質 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.