【速報】物質 情報局 | 最新情報 口コミ情報

物質 情報局では、「物質」のキーワードに関する情報をキャッチし、キーワードをタグ付け整理し、アーカイブします。

*

「 大気汚染物質 」 一覧

no image

花粉が狂暴化!大気汚染物質と反応してマスク通過――いよいよ今週後半から本格飛散

埼玉大学の王青躍教授は「これには大気汚染が影響しています」と指摘する。大気汚染物質がつくと花粉は破裂して、アレルギ―の原因物質がより小さな粒となっ …

no image

新潟のニコ精密機器、低公害の「燃料噴射装置」増産

大気汚染物質の排出や燃費抑制につながる装置の増産体制を敷き、海運業界で進む環境規制強化の流れに対応をする。 同社はディーゼルエンジンの駆動に …

no image

【株式会社北栄研コーポレーション】北海道の老舗エコベンチャー発!燃費と排気ガスを改善して大気汚染 …

特にアジア地域では、火力発電所、工場、自動車等による燃料燃焼によって、大気汚染物質(NOxやVOC)が大気に放出されています。 一方、日本では、それらは …

no image

テイクオフ:ソウルにきっぱりと冬が…

ミセ」は大気汚染物質を総称する「ミセモンジ」(微細なホコリ=粒子状物質)の略。空気が良い日は笑顔、悪いと怒り顔、さらに悪ければ角が出て、最悪の日は …

no image

春コレクション!ほんのり桜ピンクが明るくふっくら肌を演出

春先は、乾燥だけでなく、紫外線や花粉、大気汚染物質など外的刺激が増加する時期だ。そこで、『春コレクション』は、肌と唇を外的刺激から守って彩るをテーマ …

no image

北京市で「大気良好」日が6割を超える 今年1~10月

逆に汚染日は3日で、昨年同期より6日少なかった。北京の大気状況は改善傾向が続いており、主な大気汚染物質の濃度は前年に比べ、すべて低下したという。

no image

黄砂飛来 「胎盤早期剥離」に影響? 東邦大、九大、国立環境研が分析

東邦大の道川武紘(たけひろ)講師(環境保健学)は「微生物や大気汚染物質を含む黄砂と早期剥離の関連を明らかにすることで、早期剥離の発生メカニズムの …

no image

大気汚染のシーズン到来

排ガス5等級は大気汚染物質などの排出量が最も多いトラックなど。ソウル市は中国発の微小粒子状物質(PM2.5)などで大気汚染が深刻になる今月から …

no image

韓国 きょうのニュース(11月26日)

粒子状物質(PM)シーズン制」の導入に伴い、来年2月から3月末まで首都圏で大気汚染物質などの排出量が最も多い「排ガス5等級」の車両の走行が制限され …

no image

黄砂飛来で胎盤「早期剥離」1・4倍に、東邦大などのチーム発表

黄砂に含まれる微生物や大気汚染物質などが影響した可能性があるとみている。 早期剥離は、妊婦の大量出血や胎児の酸欠につながり、母子ともに命に関わる …