【速報】物質 情報局 | 最新情報 口コミ情報

物質 情報局では、「物質」のキーワードに関する情報をキャッチし、キーワードをタグ付け整理し、アーカイブします。

*

「 大気汚染 」 一覧

no image

ファン内蔵で呼吸が楽々。有害物質を除去するハイテクマスク「ナノブリーズ」|GLOTURE

ナノブリーズ」はPM2.5などの有害物質を徹底ろ過する、交換式の高性能ナノ繊維フィルターを搭載。このフィルターは軽度な大気汚染で2~3週間、また重度の …

no image

新型ウイルス対策で中国の大気汚染が改善、数万人が救われた可能性

バーク准教授は微小粒子状物質「PM2.5」に着目し、2016〜19年にかけて中国の4都市で測定された大気汚染に関するデータをもとに、汚染物質は …

no image

大気汚染の都市別ランキング、上位30位中インドが21都市

大気汚染の指標となる微小粒子状物質(PM)のPM2.5の平均濃度は、米環境保護局(EPA)が健康的と定める水準の9倍に達したという。 大気汚染レベルの …

no image

花粉が狂暴化!大気汚染物質と反応してマスク通過――いよいよ今週後半から本格飛散

埼玉大学の王青躍教授は「これには大気汚染が影響しています」と指摘する。大気汚染物質がつくと花粉は破裂して、アレルギ―の原因物質がより小さな粒となっ …

no image

野焼きした男性に罰金、ホアヒンで

タイ地元紙によると、大気汚染の状況を測る指数の一つである粒子状物質(PM2.5)の数値が上昇を続けていることを受けて、違反の取り締まりを厳格化したよう …

no image

高速道路や主要道路の近隣住民は神経障害の発症リスクが高まる可能性

高速道路や主要道路の近隣で暮らす住民は、二酸化窒素や粒子状物質などによる大気汚染に晒されることで、多発性硬化症やアルツハイマー病の発症リスクが …

no image

ドイツの過激な年越し花火に逆風 大気汚染につながり危険と指摘 まるで「市街戦」

環境保護団体は大気汚染の原因物質の放出量は膨大だと指摘している。地元紙が27日報じた。 ドイツ各地では毎年、市民が新年に入るのに合わせて路上で …

no image

独、過激な年越し花火に逆風

環境保護団体は大気汚染の原因物質の放出量は膨大だと指摘している。 … の一晩で最大5千トンの粒子状物質が大気中に放出されるとの試算を公表した。

no image

インドの大気汚染 企業に影響

インドの大気汚染がビジネスに深刻な影響を及ぼし始めた。寒さとともに空気が停滞し、微小粒子状物質「PM2.5」の大気汚染指数が健康に悪い「危険」レベルに …

no image

40年までにPM2.5濃度をWHO基準に 韓国政府が環境総合計画

【世宗聯合ニュース】韓国環境部は、深刻な大気汚染の原因となっている微小粒子状物質(PM2.5)の濃度を2040年までに世界保健機関(WHO)の基準値 …

no image

韓国 きょうのニュース(12月3日)

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は3日の閣議で、粒子状物質(PM)による大気汚染は国民の健康権に関わる重要な問題だと指摘し、「政府や自治体が特別 …

no image

大気汚染物質の管理制度定着へ特別法改正を 文大統領

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は3日の閣議で、粒子状物質(PM)による大気汚染は国民の健康権に関わる重要な問題だと指摘し、「 …

no image

大気汚染のシーズン到来

排ガス5等級は大気汚染物質などの排出量が最も多いトラックなど。ソウル市は中国発の微小粒子状物質(PM2.5)などで大気汚染が深刻になる今月から …

no image

モンゴル首都、遊牧民流入で大気汚染深刻

モンゴルの首都ウランバートルは、厳冬期の暖房の排気による大気汚染が深刻である。世界保健機関(WHO)によると、大気汚染の原因物質の約8割は …

no image

「中国が韓国へのPM 2.5の影響初めて認める」と韓国紙、日中韓の共同研究、都市別では見解分かれる

韓国の大気汚染に及ぼす中国発の微小粒子状物質(PM 2.5)の影響を中国が初めて公式に認めた、と韓国紙が報じた。日中韓3国の初の共同研究結果に基づく …

no image

「VOC排出抑制対策セミナーin大阪」を開催します

… 代表的な物質であり、光化学オキシダントなどによる大気汚染や作業環境での健康障害(シックハウス症候群、化学物質過敏症)の原因の一つとされています。

no image

大気汚染の悪化は暴力犯罪の増加と相関しているとの研究結果

大気汚染と犯罪との関連性について分析した結果、大気中の微小粒子状物質(PM2.5)をはじめとする汚染物質の増加に伴い、FBIの分類で「暴力的犯罪」とみなさ …

no image

韓国 きょうのニュース(11月20日)

韓国で大気汚染の原因となる微小粒子状物質(PM2.5)の32%は中国から飛来したとする韓中日の共同研究結果が発表された。環境部傘下の国立環境科学院 …

no image

豪森林火災、大気汚染「危険」に 東部、PM2.5がインド並み

… 東部ニューサウスウェールズ州の最大都市シドニーでは19日、煙霧が空を覆い、大気汚染が「危険」レベルに上昇した。地元メディアは、微小粒子状物質「P ..

no image

シドニー上空、かすむ 豪森林火災の煙流入

ニューサウスウェールズ州当局は、微小粒子状物質PM2.5による大気汚染の指数がシドニーの多くの地域で最も危険な水準に達したとして「野外での活動を …