【速報】物質 情報局 | 最新情報 口コミ情報

物質 情報局では、「物質」のキーワードに関する情報をキャッチし、キーワードをタグ付け整理し、アーカイブします。

*

「 皮膚 」 一覧

no image

体守る皮膚の脂質 合成に関わる遺伝子

北海道大学 木原章雄教授らは病原体やアレルギー物質の侵入を食い止める皮膚の脂質合成に関わる遺伝子を突き止めた。皮膚の病気の治療法開発に …

no image

サカナはなぜ『ヌルヌル』しているのか 交通事故の原因になったことも?

  2019/12/14    未分類 , , , , , ,

まずは魚のヌルヌルの名前から調べてみました。あのヌルヌルは一般的には、「ムチン」と呼ばれており、皮膚の粘液細胞というところから分泌されている物質に …

no image

手の指の肌荒れ 治療法は

傷んだ部分からアレルギーの原因物質の侵入を許したり、さらに刺激を受けたりすると湿疹が生じます。慢性化すると皮膚が硬くなり、亀裂ができます。水仕事など …

no image

【閲覧注意】 体に穴開け、化学物質注入… 動物実験の残酷さを示す写真が大量流出! 生きて地獄の …

  2019/12/07    未分類 , , , , , , ,

中国では、化粧品や家庭用品の実験でウサギが利用されてきた。ウサギは、化学物質を目に注ぎ込まれたり皮膚に擦り込まれたりして、苦痛を味わうのだ。

no image

生体模倣の抗菌・防汚技術Sharkletが「Old Man and The Sea: A Sneak Peek into the Future」で始まる

海洋バイオミミックリー(生体模倣)の革新的・物質的抗菌・防汚技術ベースであるSharklet(R)が一般に紹介された。サメの皮膚の模様から着想を得たSharklet …

no image

老け顔の原因にも? 「AGE」の増加を防ぐ

血糖値の高い状態が続き、体内のタンパク質と糖が結びつきやすくなると、体内でAGEと呼ばれる物質が増え、皮膚や骨・血管などの老化が進みやすくなります。

no image

スギ薬局の新スキンケアブランド「プリエクラ」発売!九州大学と共同開発した最先端技術により、ハリの …

経皮呼吸促進技術「SNDP(R)」について皮膚は、肌表面にある角質層が乾燥と外部刺激から肌を守るため、疎水性が高く、物質を浸透させることが難しいとされ …

no image

“ハリセンボンのトゲ”がヒント…新開発の「超撥水材料」が切っても曲げても効果持続のワケ

物質・材料研究機構が切っても曲げても撥水性が落ちない「超撥水材料」を開発; ハリセンボンの剛直なトゲと柔軟性に富んだ皮膚の組み合わせに着目; どのよう …

no image

福井)皮膚の物質に肌の保湿、抗炎症作用 福井大が発見

皮膚の表層に日常的に分泌されているたんぱく質の一種が、肌の保湿、抗炎症作用を持つことを発見したと、福井大学が発表した。皮膚に異常な乾燥などが …

no image

アトピー性皮膚炎の治療に光明。大きな改善効果が期待される注射が開発される(英研究)

免疫系には、インターロイキンという細胞同士のコミュニケーションを助ける化学物質が働いている。 そのひとつである「IL-33」は、ダメージを受けた皮膚に免疫細胞 …